ゴミ処理費用のコスト削減|環境を守る為に産廃の破砕は業者に任す|処分を低コストで行える

環境を守る為に産廃の破砕は業者に任す|処分を低コストで行える

男の人

ゴミ処理費用のコスト削減

ウーマン

分別と減量

産業廃棄物処理のコストを下げる方法は、リユース・リデュース・リサイクルの3Rであると言われています。同じ産業廃棄物でも事務所から出るゴミは、紙くず・金属くず・プラスチックなどが大部分を占め、リサイクルしやすいという特徴があります。リサイクルできる素材には値段がつくため、それだけ処分費用を削減できます。産業廃棄物処理業者へ引き渡す前に、できるだけ分別しておくことで、さらにコストダウンが可能になります。工場から出るゴミのうち有害物質を含む汚水や汚泥などは、リサイクルが難しく処分費用も高くなりがちです。そのためリデュース(減量)が第一のコスト削減策になります。生産工程の見直しや、一部ゴミの自社処理も検討する価値があります。

得意分野を把握する

産業廃棄物処理を業者に依頼する際には、まず自治体からの許可を受けているか確認することが大切です。その上で契約を結ぶことになりますが、できれば複数の業者から相見積もりを取ったほうが良いでしょう。産業廃棄物処理業者にも得意分野と不得意分野があり、自社で処分できないゴミは同業者に依頼することがあります。そうした場合は料金も高めになってしまいます。ゴミの種類に応じた業者を選ぶだけでも、処分費用を節約できる可能性があります。どこの産業廃棄物処理業者でも、処分場の受入費はほとんど変わりませんが、回収費や運搬費は企業努力で削減しています。ゴミ処理のコストが気になったら、これまでの契約を見直してみるのもひとつの方法です。