環境を守る為に産廃の破砕は業者に任す|処分を低コストで行える

女性

産業廃棄物の処理

工事

混合すれば割高に

産業廃棄物は適正に処理を行い、リサイクルに回さなければなりません。多くの企業では排出された産業廃棄物を産廃場に持ち込んで料金を払って廃棄をしています。多くの産業廃棄物が企業では出てきますが、いろいろな種類の廃棄物を混合して産廃場に持ち込んだときには、処分料金が高くなってしまいます。いろいろな廃棄物が混合された状態で持ち込まれると、産廃場ではそれを分別するために、時間と人手をかけるために処分料金が高くなってしまいます。産業廃棄物が出た時点でそれを材料ごとに分別して産廃場に持ち込めば、処分料金が安くなります。産業廃棄物の処分にかかるコストを下げたいのならば、分別して産廃場に持ち込めば断然処分料金が安くなります。

世界でも有数な機械

産業廃棄物が持ち込まれた産廃場では、その廃棄物を分別して最終処分場に持ち込みます。廃棄物の中にはコンクリートがらや木材のような大きな廃棄物も持ち込まれます。そこで産廃場では破砕機を使用して、廃棄物を細かく破砕して最終処分場に持ち込んでいます。木材ならば破砕機で細かく砕いて肥料にしたり、バイオマスの燃料にしたり、コンクリートがらならば破砕して中から鉄筋を取り出し、コンクリートは道路などの基礎部分に、金属はリサイクルにと回していきます。大きな工事が行われると、とても大きな廃棄物が出てきます。たとえば橋を付け替えるとか、ダムを作り直すなどこれらの廃棄物に対応するために産廃場では世界でも有数な破砕機を用いて、廃棄物の処理を行っているところもあります。

ゴミ処理費用のコスト削減

ウーマン

事務所から出るゴミは分別を心がけ、工場から出る廃棄物は減量することで、処理コストを削減できます。産業廃棄物処理を依頼する際には、複数の業者から相見積もりを取り、廃棄物の種類に応じた業者を選ぶことが大切です。

廃棄物の処分

工事現場

さいたま市では収集する場所や日にちを決め、一般廃棄物を収集して処分場に運び処分をしています。大型のごみの場合、持ち出す場所まで持ち出すことができなくなっている、高齢者世帯も増加しています。最近では依頼をすれば処分に来てくれる業者もできてきています。

再利用するという考え方

工事

大型のガレキが出てきたときには、ガレキ選別を行ってなるべくリサイクルするように処分場では努力をしています。大型のクラッシャーを備えている処分場も多くなってきていて、本来ならば埋め立て処分されるガレキでも、容易にリサイクルできるようになりました。