防犯カメラを最大限に活用してセキュリティー向上に努めよう

防犯や防災に特化した 設備を設置する

レンタル

実際に設置するとなると意外と費用がかかる防犯カメラはレンタルすることも可能です。短期間のみの使用やタイミングによってはオトクな場合があります。またレンタルすると保守管理を任せられる特徴もあります。

詳しく読む

種類と価格

防犯カメラといっても用途によって種類や形がことなり、使用場所を元に一番効果があるものを設置していく必要があります。一般的に防犯カメラの値段は数万円し、ハイビジョン対応の高性能タイプも存在します。

詳しく読む

ダミー

防犯カメラは、抑止と記録という2つの側面があります。低コストで防犯対策を行っている人に人気なのが、ダミーカメラです。ダミーカメラを設置することで、カメラがあるということを意識させるので抑止効果が高くなります。

詳しく読む

防犯カメラとは

映像として記録できるものの1つにビデオカメラがあります。
録画ボタンを押すだけでレンズを通して映った被写体を簡単にデジタルデータ、またはアナログデータとして保存することができ、いつでももう一度見ることが出来ます。
最近ではビデオカメラもデジタル記録が一般的で、映像自体も非常に繊細に記録することが出来るようになりました。
このようにビデオカメラは通常記録することが出来ないリアルタイムの様子を意図も簡単に記録できるため、あらゆる所で用いられ、時にはその記録映像がとても重要になる場面もあります。

防犯カメラはその名の通り防犯用に取り付けられたカメラのことで、監視カメラとも呼ばれる通り、多くの場合、お店や高いセキュリティーレベルを要す場合に建物の設備の1つとして利用されます。
取り付けることで何かトラブルがあった場合に再度観返すことが出来るのは勿論の事、トラブル抑止策としても効果を発揮します。
この防犯カメラは異常を監視するという目的でも使われます。
またライブカメラとして映像を公に公開する目的でも活用され、遠方からリアルタイムでの映像確認などが行えます。
近年では防災としても多く活用され、例えば自然災害などの予兆を観測し、早期に避難を勧告することに役立てたり、また人が直接観測できない場所で危険をいち早く察知する目的でも役立てられています。
このようにビデオカメラと一言で言っても様々で、防犯カメラのような監視を目的としたモノも存在します。