再利用するという考え方|環境を守る為に産廃の破砕は業者に任す|処分を低コストで行える

環境を守る為に産廃の破砕は業者に任す|処分を低コストで行える

男の人

再利用するという考え方

工事

リサイクルに向けて

家屋や大型の構造物、工場やお店などを解体するときにはたくさんのガレキが出てくることになります。木材や金属、ビニールや瓦、コンクリートなど様々なものがガレキとして排出されてきます。これらのガレキは産業廃棄物として処分場に運ばれることになります。産業廃棄物処分場ではこれらのガレキを、リサイクルに向けてガレキ選別を行って最終処分場に運んでいきます。一般的にこれらのガレキは処分場に運ばれてくるまでにガレキ選別されているものは少なく、処分場で選別することになります。処分場では木材や金属、コンクリートなど材料ごとにまずガレキ選別を行っていきます。材料ごとに選別された材料は破砕して小さくしたのちに、最終処分場に持っていくことになります。

破砕する機械

どうしてもリサイクルが無理だという廃棄物は埋め立てされることになります。処分場で埋め立てをする場所を持っている処分場も数多くありますので、リサイクルが無理な廃棄物は埋め立て処分されることになります。学校や工場などを解体するときには、コンクリートのガレキが多く出てきます。コンクリートの中には鉄筋が組まれていて、処分場ではこれらのガレキをコンクリートと鉄筋にガレキ選別しなければなりません。大きな処分場では大型のクラッシャーという機械を持っていて、コンクリートを砕いたのちに鉄筋とコンクリートに分別している処分場もあります。これらの大型の機械の登場で、本来ならば埋め立て処理するガレキが容易にリサイクルに回すことができるようになっています。